アスリート兼スポーツメンタルトレーナーの中嶋です!

さてさて、ビーチテニス全日本選手権が今週末となりました!

10/12,13,14日、神奈川県藤沢市鵠沼海岸にて行われます!

私もなかなか良い感じに仕上がっております!

今年は例年に比べると練習量はかなり落ちてしまいましたが、別の部分で成長し補うことが出来てます。

全日本選手権が楽しみです!!

 

本題です!

今回も選手の許可を取ってサポート選手を紹介させてもらいます!

今回は親友でもありライバルでもある

ビーチテニスの井関慶太選手です!

 

私たちの間柄を知っている方からは「サクラかよ!」って思われるかもしれませんが

断じてサクラではありません。←キッパリ

だって。。

考えてください?

ライバルですよ??

ライバルにサクラとしてメンタルトレーニング頼むメリットって何でしょう?笑

むしろ、正直、ライバルにメンタルトレーニングをするのは難しいだろうなーと思っていたので

井関選手からオファーを頂いた時は少し躊躇しました。

難しいというのはお互いにです。

選手側からすると自分自身の弱点等やどんな意識を持ってプレーしてるかを相手に知られてしまうことでのデメリット。

そして、それをもし隠そうとすればメンタルトレーニングとして成り立ちません。

私側からするとライバルである選手を強くすることに協力するわけですから、選手に対して100%の関わりが出来るのか?

という部分ですね。

お話を頂いた時のLINEのやりとりは

井関選手「ナカジ!メンタルトレーニング受けてみたいんだけど!」

↑ちなみに井関選手は年下です。笑

中嶋「そっか!一応言っておくけど、本人の良いとこ悪いところとか結構話してもらうことになるから弱点をさらけ出すことになるかもよ。けど、隠してもそれを乗り越えられないからメントレの意味なくなるし。そんなんでも良ければ!」

井関「そんなこと隠すほどプライド高くないから、全く問題ない。笑笑」

↑ちなみに井関選手は6歳年下です。

井関選手は私に色々プレーのことを話してしまうことのデメリットより、それを乗り越えたときのプレーの向上が大事だとおっしゃってました。

井関選手とはずーっと一緒に練習や遊びをしてきた親友であり、優勝を掛けて決勝戦で闘うこともあるライバルでもあります。

けど、メンタルトレーニングの際には、そのような関係は完全に取っ払って、メンタルトレーナーと選手という関係で行います。

私も井関選手を100%サポートするつもりで取り組んでいきます!

 

今回のメンタルトレーニングの内容

 

みなさんにメンタルトレーニングではどんなことをするの?と質問を多くされるので

井関選手に支障のない範囲で話の内容を紹介させて頂きます。

 

初回はまずはガイダンスです。

必要事項を井関選手に質問して浅く広く聴いていきます。

これによって、その人の課題としてることなどに優先順位を決めます。

そして今後、それらを1つずつクリアにしていきます。

目標は来年に向けてなのですが、直近のビーチテニス全日本選手権が来週に迫っているので

今回はここにスポットを当てて話しました。

結果目標(順位や誰に勝ちたい等)や行動目標(どんなプレーをしたいか)を聴いて

その中で行動目標に対して深堀をしていきました。

 

話の内容をまとめると

・井関選手が全日本やこれから先のトーナメントで勝ち上がる為に必要な○○というショット(行動)がある。

・しかしプレッシャーのある中でそれを行うのは、現段階ではリスクもある。

・そのショットが入らないと打つのが不安になるし、ペアにも迷惑が掛かってしまう。

・けど、そのリスクの壁はいつかは越えなければならないと思っている。

・なのでリスクと確率を差し引いて、Aの状況では○○のショット。Bの状況では△△のショットという具合に、今回の全日本で取るべき行動をハッキリ決めてもらった。

・ペアに対してはその行動目標をしっかり伝えることで、理解してもらい、ペア間での不安を少なくし、自分のパフォーマンスが高い状態を引き出しやすくする。

そんな話し合いでした。

 

 

行動目標

 

今回、全日本に向けて決まった行動目標は

『Aの状況では○○のショット。Bの状況では△△のショットを選択することを守る』

これが行動目標です。

今回はこれをしっかり守ることにフォーカスすることで、試合中の迷いを無くすことが目的です。

これは、もしAの状況で○○のショットをミスしたとしても、行動目標はクリアしたことになります。

一番試合中に良くないのは『○○のショットをミスしたからもう○○は打てない』っていう思考です。

大事なのは

もし、○○のショットをミスしても、いかに次必要な場面で○○のショットを躊躇せずに打てるか

ってことです。

なので、今回はそのショットが入るか入らないかに関わらず

決めた状況で○○のショットを打つことが正解。

こうすることで結果的に必要なショットを迷いなく打てるような目標を設定しました。

これによって、井関選手からは

「やるべきことが決まってスッキリした!」

という感想を頂きました。

 

やはり、試合中に怖いのは迷いです。

試合中には色々な迷いが出てきます。

けど、

迷ってるプレーと迷いの無いプレーどちらが良いプレーできますか?

どちらが、潜在意識でプレー出来ますか?
↑https://susumumental.com/dont-think-feel~考えるな感じろ~/ 参照

メンタルトレーニングでは迷いのでそうな不安要素を一つ一つ消していき、万全な状態でプレーが出来るようにサポートしていきます!!

 

てか、カウンセリング中は熱中してて、井関選手が目標に向かっていくことを二人で考えていくのが楽しくてしょうがないんですけど

冷静になると、私も出る大会でライバルに対して全力でライバルが勝つためのカウンセリングをしてるって

変なの。笑

結果目標を決める際には井関選手のあげる『倒したい相手』に私の名前もしれっと入ってました。笑

いやー、これはある意味、私のメンタルトレーニングでもありますね!

あ、

井関選手に対しては、もちろん100%全力でサポートしますが

もし試合で当たったら100%全力で闘って

「まだまだだね」

って言ってやるのが楽しみです。笑

 

※無料体験セッションはコチラ↓

料金・予約