報告です!

今年、7月でロシアで行われるビーチテニスワールドチームチャンピオンシップのU14日本代表の監督に就任致しました。

 

2019-05-11 09.46.04

日本テニス協会ホームページより抜粋

 

去年はビーチテニスの日本代表選手としてロシアに行きましたが、今年は14歳以下の日本代表監督を務めます。

ホント、人生何があるか分かりませんね。

10年前に自分が日本代表の監督を任されることになるなんて夢にも思いませんでした。

ひたすらビーチテニスに打ち込んだ10年。

メンタルを追求し続けた10年。

コーチングを追究し続けた10年。

そうやって何かを追究してきたから今がある。

それらを総動員してこのミッションに取り組みたいと思います。

指導方針

私がこのチームでの指導方針は

『主体性を育む』です。

選手達が自分達で考えて行動していけるように促していく。

『主体性』についてはこの記事でも書いてます。

中学生野球チームのメンタルトレーニング日記③~チームミーティングで主体性を引き出す。~

なので、さっそく先日のミーティングではみんなに様々なことを話し合ってもらいました。

■日本代表とは?

■目標(結果、行動、ミッション)

■ビーチテニスU14日本代表らしさとは?

という内容。

日本代表とは?

今回、日本代表に選ばれた選手はもちろん日本代表なんて初めてですし、まだ実感もあまり湧いてない。

そこでみんなの日本代表に対するイメージを聴きました。

みんなの日本代表イメージとは

・国の代表

・選ばれた人間

・上手い、すごい

・堂々としている

・意識することが多い(立ち振舞い)

そんな漠然としたイメージを浮かべてもらい、そして、そこに自分がいるという自覚を持ってもらうことで、気を引き締めてもらいました。

目標

具体的には割愛しますが、

・結果としての目標

・そのためにどんな行動をするか?の目標。

・その結果求めることや、行動をとる意義は?

を問いかけました。

日本代表らしさ

『主体性を育む』為には監督が決めた内容を守らせるのではなく、選手が決めたことを遂行してもらう。

例えば『ビーチテニスU14日本代表らしさとは?』の質問では

・チームワークを高める。

・練習や試合を楽しむ。

・常に前向きにいる。

・成長する努力を惜しまない。

・周りからすごいと思われるような選手になる。

・和の心を持つ。

・ビーチテニスの楽しさをみんなに伝えられる選手になる。

そんなことを決めてもらいました。

主体性を持つと行動の質が変わる

これらは選手自身に考えてもらうことが大事です。

例えば、もし、選手が少しダラけてたとして。

「ちゃんとやれー!!」と叱咤するのは簡単ですが、それは監督にやらされてる状態。

けど、みんなは『成長する努力を惜しまない』『日本代表らしさ』だと認識してるので

「今のプレー、日本代表らしいんですか?」

と聞けばハッと気付いて自分で直します。

ポイント練習をやってても10点勝負で相手にマッチポイントを握られた選手が

「うわー、もう無理だ!!」

と言った時にも

「そこで諦めるのは日本代表らしいんですか?」

と聞けばまた気持ちを切り替えてやってくれます。

『日本代表らしさ』の一言に正解が詰まってるので、それを共通言語にすればすぐに『取るべき行動』に自分自身で立ち返れるんですね。

もちろん、監督が「やれーーー!!!」って言ってもやるかもしれないですが

言われてやる選手って行動の動機が「言われたからやる」になってしまう。

選手は行動としてはやってるんで、端から見たら「ちゃんとやってんなー」ってなります。

けど、実際の行動の質はぐっと低くなる。

ちゃんとやってるようで身にならないんですね。

これってお互いに時間の無駄。

それに対して、選手の行動の動機が「日本代表らしくありたいからやる」って状態になったらどうでしょう?

やりたいことって自分からやりますよね?

やりたいことって楽しめますよね?

やりたいことって考え出たくなりますよね?

これが『主体性』です。

監督はあくまで選手のパフォーマンスを最大限に引き出すのが目的です。

同じ行動をとらせるにも「嫌だな」と思ってやらせるより「やりたい!」って思ってやってもらった方が圧倒的に質が上がります。

なので、まずは選手の主体性を引き出すことを第一に取り組んでいきたいと思います。

そして、その取り組みがみなさんのヒントになれば幸いなので、可能な範囲でシェアしていきたいと思います。

ってことで、みなさん、ビーチテニス日本代表、U14日本代表を宜しくお願いします!!

ライン公式アカウント始めました!

ブログ投稿のお知らせを受け取りたい方や質問をしたい方、無料体験のお申し込みもこちらからどうぞ!

↓↓↓