日本代表アスリート兼スポーツメンタルトレーナーの中嶋です!

みなさん、試合で緊張ってします?

緊張からプレーが上手く出来ずに負けてしまった経験もあるかと思います。

今回は緊張してるときの状態と克服方法を試合観戦に置き換えて解説したいと思います。

緊張するときってどんなとき?

 

ところで、みなさん緊張ってします?

私はします。

結構緊張しやすいです。

大きな試合や、人前で何かを発表する時とき、

あと、

錦織選手の試合を見てる時!!!

 

 

いやー、もう、心臓バックバクですよ。

まぁ、それが良いんですけどね!

その中で、落ち着いて試合を見る練習をしたりもします。笑

心臓バクバクの自分をいかに落ち着かせるか

落ち着けるってことは自分のメンタルをコントロール出来るってことなので。

もし、

もうちょっと落ち着いて見れたらなぁー

って方に私がやってみた思考を紹介しますね。

 

まず、ドキドキハラハラする時って、とても大事なポイントですごく際どいラリーで白熱してる時

どっちがポイント取るのっっっ???!

って時ですよね。

みなさんの状態としては

・錦織選手に感情移入している。

・勝ちを期待している。

・先が分からないから不安。

この3つについて今回は話していきます。

 

感情移入を無くすと緊張しなくなる

 

まず、感情移入に対して。

語弊はあると思いますが

極論、興味を無くしてください。(ドーーーーン)

もし、知らない選手が二人で試合してたら興味ないんで全然ドキドキしないですよね?

もちろん、なんとなく見てたらその選手に魅了されてきた結果、興味を持ってドキドキするときもありますが。

興味が無いものに対して人はドキドキしません。(恐怖、不安からのドキドキは置いておいてください)

ポイントを取っても取られても

「どうでもいい」

と思ってると良い感じに興味なくなります。

これは実際、私が試合中に使っている思考パターンの1つです。

(試合中ではあくまで、自分の状態を見極めた上です。主に気持ちが高ぶりすぎてるときに使います。気持ちが落ちてるときに使うと逆効果です。)

けど、興味を無くせって言われても、

だったらそもそも応援しないし。笑

って言われそうですが、

気持ちが高ぶりすぎて

「ぎゃーーーーヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァーー」

ってなってる時にバランスを取る方法のひとつだと思ってください。笑

 

期待するより応援しよう

 

次に、勝ちを期待しているに対して

これは、先日のプロセス思考の時に話した

結果と過程の話とリンクします。

勝ちを期待するってのは、結果に対してですよね。

さらっと言いましたが大事なのでもう一度

『期待』とは『結果』にするものです。

それに対して

『応援』とは『過程』にするものです。

マラソンランナーに沿道から旗降って

「がんばれー!!」

って言ってる方。

ニュアンスとしては、走ることに対して「がんばれー」と言ってますよね。

アレです。

「このポイント絶対取れ!!」

は結果への期待です。

そして、取れなかった時には期待値が高いほどガッカリします。

ならば、結果に期待するより、純粋にプレーに対して注目、応援してみるってことですね。

どちらかというと、

ドキドキ見る

というより

ワクワク見る

ってニュアンスですね。

選手的にもこっちの方がありがたいですし

みんながこうゆうスタンスで応援してくれたらなってゆー、プレーヤー目線の願いでもあります。

 

不安を排除するススメ

 

最後に、先が分からないから不安について。

まぁ、このポイント取れるかどうか、勝てるかどうかなんて誰も分からないんですよ。

錦織でもジョコビッチでもナダルでもフェデラーでもわかりません。

あ、マレーも。笑

基本、人間って分からないものに不安や恐怖を感じます。

みなさんが、真っ暗な知らない部屋にいるところをイメージしてください。

物がどこにあるかも分からない、誰がいるかも分からない。

不安で怖いですよね。

けど、急にパッと電気がついたら。

テーブルがあって椅子があってテレビがあって観葉植物があって。

見えると一気に不安はなくなります。

監禁されてたら、とかはヤメテクダサイ。笑

 

錦織選手で言うとLIVE中継だったり会場で見てる時ってドキドキしますよね。

先が分からないんで。

けど、錦織選手が勝った試合を録画したものを見たとしたらどうですか?

例えば、昨日のチリッチ選手との激闘。

あんなにハラハラドキドキする試合はないですよね。

けど、それを録画してたのを錦織選手が勝ったことを知ってて見たらどうですか?

多分、ドキドキしないです。

もう、勝ったという事実を知ってるので。

どんなに錦織選手が窮地に追い込まれていても

「こっから勝ったんだもんなー」

って安心して見れます。

もう、ポイントを取った取られたや、勝ち負けに対する不安がないんですね。

 

もう、だんだん読めてきました?

はい、

ここでのテクニックとしては

勝ったと思う。

↑ドーーーン!!

です。笑

ふざけてないですよ?

大真面目です。

ポイントは

「勝った」(過去形)

です。

「勝つだろう」(未来形)ではなく

「勝った」(過去形)

よくありがちですが

「よっしゃ。この試合もらったぜ。シメシメ。」

これは未来形です。

これは油断することに繋がります。

本気で、勝ったという過去の事実にしてしまって下さい。

勝てるかどうか分からなくて不安な気持ちになるんだったら、どうせなら勝った(過去形)と思ってみたら?

って提案です。

すると不思議とどんな窮地に追い込まれていても、こっから勝つんだよなーって心境になりやすいです。

もう、錦織ダメじゃん

って、諦めるより全然マシですよね。

「諦めたらそこで試合終了です」

by A西監督

 

ま、ここに関してはみなさんの

『イメージ力』『思い込み力』

によって個人差が出ます。

「いや~勝ったと思えと言われても、、そんなん、無理よ~」

って人には効果は出にくいです。

「へー、そーなんだ!面白そう!」

って素直な人の方が効果は出やすいです。

そして、思ってみたけど、全然そんな気持ちにならないんだけどって人は

まだ『イメージ力』『思い込み力』が弱いってことです。

あ、『イメージ力』『思い込み力』ってメンタルトレーニングでは超大事です。

これらはプレーのパフォーマンスに直接作用してくる能力なので

そして、ちゃんと鍛えることも出来ますから。

安心して下さい。

はい、長くなりましたが

錦織選手の試合をどう見るかは自由です!

テレビ越しだったら野次っても良いですし、disっても良いです。笑←(会場ではヤメテクダサイ)

以上、試合で緊張してしまう人へ観戦の観点から見たメンタルコントロール方法でした。

無料体験メンタルトレーニングはコチラ