『プレッシャー下での実力発揮と目標達成をサポートする』スポーツメンタルトレーナーの中嶋です。

自粛が続いて大変な時期だと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

私は新しいHPの作成作業をしたり、勉強したり、時間が出来たことで中々手をつけられなかったことに時間を費やすことが出来ているので、とても充実した日々を過ごしております。

さて、全国大会中止というニュースが発表されました。

私がサポートしている選手も小学校、中学校、高校、大学とそれぞれ全国大会を目指し活躍することを目標としている選手が多い中での今回の発表なのでとても残念です。

特に3年生として最後の集大成!と思ってた方には耐え難い事態です。

この時の為に毎日毎日努力を積み重ねてきた。

にも関わらず、目指す場所が無くなってしまった。

とてつもない喪失感を感じていらっしゃるでしょう。

そして、どうしようも無く途方に暮れ、何をしたら良いかも分からず、だらだらと過ごしてしまう。

そんな方も少なくないはずです。

portrait-317041_1920

では、こんな時どのようなメンタルを持てたら良いのでしょうか?

解説していきます!

次の目標は何?

スゴくシンプルに話すなら、「じゃ、次の目標は何にしよっか?」って話です。

現在の目標設定が『全国大会』だったってだけの話で、それが最終ゴール、最終目的ではないですよね?

あくまで目標とは目的への小さな道標。

目標を1つ1つ達成したら大きな目的に到達できる。

なので、全国大会が無くなってしまったからといってこれからの行動が変わるわけではありません。

次なる目標を設定し、その為に必要な課題をあぶり出し、そこに向かう行動を取っていく。

これに、尽きます。

0I9A351215032114onepoint_TP_V4

なので、『全国大会』という目標を失って途方に暮れてる方は、ちょっぴり目的を見失っているだけなんです。

今こそ『自分は何を目的として競技をやっているのか?』に立ち返り、その目的に近づけるような道標としての目標を再設定していけたらと思います!

『目的』に目を向ける

しかし、中には「今回を最後にスポーツは辞めるんです」って方もいるかもしれません。

本当に今回の全国大会が最後の競技で悔いを残したくなかった、という方もおられるでしょう。

まず、前提となるのは『目的』です。

さらっと『目的』と言ってますが、多くのアスリートは『目標』は持っていても、『目的』というものは自覚せずにやっているケースがほとんどです。

「全国大会出場!」や「上位入賞!」など、『目標』は目に見えるものが多いです。

しかし、実は、みなさん競技をやっている上で内側にある『目的』を持ってるはずなんですね。

『目的』は人それぞれですが、その人の持つ根本的な欲求に結び付けられることが多いです。

ただ、やっぱりこれは本人も気付いていないケースがほとんど。

しかし、その『目的』があるのとないのではモチベーションに大きな違いが現れます。

メンタルトレーニングではみなさんの内側から湧き出てくる、まだ言葉にされていない『根本的な欲求』を明確にしていくことで強いモチベーションを引き出していく関わりをしていきます。

まぁ、ちょっと分かりにくいと思うので、私の例で言うと、ビーチテニスやメンタルトレーナーをやっている目的はズバリ

『自分を極めたい』

です。

fitness-818722_640

いや、こんなイメージじゃない。笑

この目的に近づくツールとして

・ビーチテニスをやって技術や身体の使い方、心のコントロール方法を探求する。

・メンタルトレーナーとして、更に心のコントロールを探求し、誰にでも実力発揮や目標達成を出来るようなコンテンツを作り上げる。

それが現状の『自分を極めたい』という目的に近づく為のツール。

なので、ビーチテニスやメンタルトレーニングに関わらず、『自分を極める』ことに関係することならば何にでも興味があります。

そして、この『目的』は内なるものなので、終わりはありません。

一生を掛けて取り組み続ける『人生の課題』の様なものですね !

silhouette-3105515_640

『目的』に向かって新たなステージを

今回の全国大会が競技生活の最後になるはずだったという方も、この『目的』に着目してみて下さい。

『全国大会出場!』『上位入賞!』という目標レベルで見ると、今回の大会中止を受けて失うものが多く感じると思います。

そして、そのような視点は「頑張ったのに意味が無かった」という経験から『努力は報われない』という価値観を生み、これからの人生であなたがチャレンジしようとした時に必ず邪魔をします。

「あー、頑張っても無駄なんだよな。あんな頑張ったのに、全国大会無くなっちゃったしな。」って。

これはメンタルブロックと呼ばれ、このような価値観が心の奥にいつも潜み、あなたの勇気ある1歩を掴みに掛かります。

chains-19176_1920

そうならない為にも、適切に視点を変えていきましょう。

適切な視点を持つ為にも、まず競技を通して自分が実現してきたかった『目的』にどう近づいたか?何を得てたか?を是非見つけて見てください。

・苦しい練習も最後までやり抜いた!

・後輩に親身になって教えた!

・チームとぶつかりながらお互いに切磋琢磨し、かけがえのない仲間になった!

などなど、人によって様々。

そして、それらの素晴らしい経験は絶対に無駄にはなりません。

むしろ、これからのあなたの大きな土台になってくれるであろうモノたちです。

それらのプラスの経験をしっかりと認め、その経験の土台の上に立ち、改めて『目的』に向かって目を向ける。

そうすれば、すぐに次のステージが見えてきて、『今、自分が何をすべきか?』がハッキリしてくるはずです。

そこに向かって新たな1歩が踏み出せれば、また自分自身の中に新しい価値が生まれるのではないでしょうか。

people-2590524_1920

まとめ

・全国大会中止を受け、そこを目指していた選手達はとてもツラい心境にいる。

・しかし、1歩引いて見てみると、ただ、目標が後にズレるだけ。次なる目標を設定し、その為に必要な課題をあぶり出し、そこに向かう行動を取っていく。

・そもそも、今回の大会が最後だったという方は『目的』に目を向ける。

・『目的』とは自分自身の内側にある根本的な欲求。

・その『目的』に対して近づいたこと、現状で達成していることなどに目を向ける。

・すると競技以外でもその『目的』に近づく方法が見えてきて、それが新たなステージになる。

今回、全国大会中止を受けてショックを受けている方々は数えきれないほどいると思います。

しかし、このようなメンタルに負荷が掛かる時期こそ我々メンタルトレーナーの存在が役に立てると思ってます。

adventure-1807524_1920

自分を深く見つめ直すことで、『目的』を見つけ、そこに向かう為の次のステージへの新しい1歩を是非踏み出みだしてみて下さい!

我々メンタルトレーナーは全力で応援しております!

無料体験メンタルトレーニングを受けたい方に

 

LINEからも体験のお申し込みや、ブログを受け取ることが出来ます!

↓↓↓