アスリート兼スポーツメンタルトレーナーの中嶋です!

タイでの試合は2トーナメントに出場して2大会ともベスト8。

対戦相手の好プレーに阻まれました。

また、個人的には久々に自分のパフォーマンスの出せない状態と向き合いました。

パフォーマンスが出せないから『失敗』か?

と言われると、今回の試合だけで見ればそうですが

メンタルトレーニング的には

自分のパフォーマンスの出ない状態を知れた

ってことになります。

まずは自分をより深く知ることから。

この経験を次に活かしていきたいと思います!

↑決して、敗けを正当化してるわけじゃありません。笑

 

さて、

今回のテーマは集中力!!

あなたは集中するとどんなプレーが出来ますか?

きっとほとんどの方が集中した時のプレーの質は向上していると実感していると思います。

集中とはスポーツにおいて、いや、仕事、勉強、何においても超重要なテーマです!

 

集中はテクニック

 

試合をしてて、もしくは何か作業をしてて

「あ~、集中出来たーーー!!!」

って時ありますよね?

逆に

「今日は全然集中できなかった」

って時もあるのではないかと。

この集中出来た or 出来なかったに対して他人事になってませんか?

集中出来た or 出来なかったってことが『時の運』になってませんか?

なぜその試合で集中できたか?

逆に、なぜ集中出来なかったか?

ご自身で理由が分かってますか?

ここはメンタルトレーナーとのカウンセリングを通して明らかにしていきます。

そして、メンタルトレーニングでは集中状態を意図的に作ってもらいます。

確認しますが

集中とは作り出すものです。

『時の運』なんてものではありません。

優れたプレーヤーはどんな時でもパフォーマンスを発揮することに力を注ぎます。

いかなる状況でも試合に集中していけるかどうかは普段の集中に対する意識改革やトレーニングの賜物です。

集中は意図的に作り出して下さい。

集中はあくまで1つのテクニックです。

 

集中は試合に対する準備の1つ

 

あなたは、日頃、プレーに対する課題は自分で気付いて修正しますか?

試合の中で出来なかったプレーを練習でひたすら繰り返したり。

これは普段やってることだと思います。

じゃ、試合で集中が切れたなって実感した後はどうでしょうか?

集中に対して課題をもって取り組んだことはありますか?

試合では、実力の拮抗した相手とは少しの集中力の差で勝負が決まることも多々あると思います。

それだけ、集中力の試合への影響力はとても大きいです。

にも関わらず、集中に対して何も対策をとっていないとしたら

少し、お粗末ですよね。

0I9A362915032155accyon2_TP_V4

にゅーーーん。

これも試合に対する準備の1つです。

耳が痛いなと思ったら、是非ともこれから集中というテクニックに目を向けてもらいたいと思います。

 

集中なう

 

簡単に集中と言いましたが

集中がどんな状態か分からない人もいると思います。

集中と言ってもいろんな集中があるのですが

1つは夢中になってる状態ですよね。

よく子供の頃好きな番組を見てる時に、母親から

「ご飯よー」

って声を掛けられても全く気付かなかった時ってありませんか?

気付かないでテレビに夢中になってると

頭をペチッとぶたれたり

テレビを消されたり。

ま、これは私の経験談ですが。笑

 

けど、全国の子供を持つ母親に言いたいのですが

決して子供は悪気があって無視してるわけではありません。

テレビに集中しているんです。

Twitterにつぶやくなら

「集中なう」

↑つぶやかねーよ。

特に周りの音が聞こえない程の集中は、かなり極度に集中している状態です。

素晴らしい集中力を発揮してます。

なので逆に、子供の集中力を褒めてあげて欲しいくらいです。

もし怒るとしたら、1度、高い集中力を褒めてから

「でもね、、」

と諭してあげても良いのかな、と。

そっちの方がお互いの精神衛生上良いと思いますし、その後のご飯も美味しく食べられそうです。

↑なんのアドバイスだ

 

集中状態=ワクワク状態

 

最近ではこのように、子供が何かに集中してる時は

なるべく邪魔をしない

という教育方針も出てきてるという話を聞きました。

もちろん、時と場合によるというのが前提ですが。

このスタンスは個人的にはすごく面白いと思います。

何かに集中している=夢中になっている

夢中になっている=興味がある

興味がある=好き

好き=楽しい

この好きなことを探求するということを子供の時には、とにかくたくさんやらせてあげて欲しいですよね。

好きなことに対してはどんどん勝手に集中出来る。

その集中を繰り返していると、それ自体が集中力のトレーニングにもなっているんですね。

集中力が上がれば、それは何にでも役に立ちます。

興味のベクトルの向きを変えれば勉強などにも活かすことが出来ます。

※ベクトルの向きを変えるというのはまた改めて別の記事で説明します。

 

また、『好きこそものの得意なれ』という諺もあるように

好きなことを探求していくことは得意なことをつくることになります。

その得意なことが将来意外なところで役に立ったら素敵ですよね。

好きなこと、得意なことが人の為、社会の為になることはとても素晴らしいことですよね。

けど、逆にせっかく何かに集中、夢中になっているのに毎回止められてしまったらどうでしょう?

集中や、探求が途絶えてしまいますよね。

最近、好きなことが見つからない方も多いと聞きます。

自分が何がやりたいのかわからない。

何に向いてるかも分からない。

今までに好きなことを探求してきた経験がないと、そもそも好きなことを見つけることが苦手になってしまう可能性もありそうですね。

0I9A350615032140wakaranai_TP_V4

うん、それは困る。。

自分が何が好きか、何に向いているかを知る為には、『何に夢中になってきたか』を確認することは1つのヒントになります。

なので親目線としては

子供が何に集中してるか、何に興味があるのか、何が好きなのか。

ここに注目してみると、その子の資質に対して見えてくる部分があるのではないでしょうか。

 

子供が何かに集中している=夢中になっている

夢中になっている=興味がある

興味がある=好き

好き=楽しい

昔、数学で習った

A=B B=C 故にA=C

の公式で言うなら

『集中状態=ワクワクしてる状態』

これはメンタルではすごく大きなヒントです。

0I9A351215032114onepoint_TP_V4

要チェックや。

 

集中へのアプローチ

 

メンタルトレーニングでは様々な集中へのアプローチがあります。

カウンセリングを通して、もっと競技に対して好きな気持ち、探求心など、興味を引き出すことでより夢中になれる状態にすることで集中力も上がりますし

試合における集中を阻害する要因に対しての対処方法を話し合い、必要があればそれに特化したトレーニングを考案したり

また、基礎的な集中力を上げるトレーニングを行ってもらったり。

この集中に対する基礎練はすごく大事です。

私も毎日欠かさずやってます。

サッカーのストライカーであればシュート練習をひたすら繰り返すことで試合でもシュートが決まるように

集中に対しても普段から繰り返し反復練習してるからこそ、本番でしっかり集中状態に自分を持っていくことが出来るんですね。

 

集中力を鍛えよう!!

 

練習方法は簡単です。

意図的に何かに集中する時間をつくることです。

座禅とか瞑想に共通することですね。

little-girl-1894125_640

↑またオカッパかよ。笑

 

やり方は自由です。

落ち着いた空間で深い呼吸をしながら何か対象に意識を向けます。

これは五感に向けても良いですし、呼吸に向けても、何も考えないことに向けても良いです。

決めた時間は、集中してるもの以外に意識がいかないようにコントロールして下さい。

けど、行っていると必ず雑念が入ってきます。

「晩御飯、何にしよう?」

とか

「あ、○○やるの忘れてた。」

とか

雑念が入ってきたら、それをそのまま頭の端っこにどけて下さい。

入ってきたらどける

入ってきたらどける

これを繰り返すことで

雑念を横に置いておくことができたり

雑念が入りにくくなったり

それが出来るようになってくると

集中したい時に集中したいものに対して意図的に集中出来るようになります。

自分の意識が他にいかないようにコントロールできるようになります。

すごく簡単に説明してしまいましたが、もう少し様々な方法もありますので興味がある人は調べるか、私に聞いて下さい。

 

まとめ

 

・集中は『時の運』や『たまたま』ではなく、テクニック。

・集中の1つに夢中になってる状態が挙げられる。

・メンタルトレーニングでは

1.カウンセリングで夢中になれる状態に意図的にもっていく。

2.集中出来ない要因、阻害する要因をクリアにする。

3.集中の基礎練習を重ねることで根本的な集中の質を上げていく。

 

てことで、一緒に勝つための集中を手に入れましょう!

さあ、あなたも

めざせ!!!

『集中なう』

↑スローガン、しょぼ。笑

 

※無料体験セッションはコチラ↓

無料体験メンタルトレーニングはコチラ

ライン公式アカウント始めました!

ブログ投稿のお知らせを受け取りたい方や質問をしたい方、無料体験のお申し込みもこちらからどうぞ!

↓↓↓