アスリート兼スポーツメンタルトレーナーの中嶋です!

2018年ビーチテニス全日本選手権、終了しました!!

結果は

男子ダブルス(宇佐美選手とペア)

ベスト4

ミックスダブルス(宮坂選手とペア)

ベスト4

でした。

 

結果目標はもちろん優勝だったので、目標に届かず残念な結果となりました。

行動目標は恥ずかしいので人前では言いませんが
↑どんな目標だよ

そのようなプレーはできたと思うので良しとします。

 

今回、プレーで表現しようとしていたのは

得意のフットワークやボールタッチを活かしたプレーです。

ここは全日本に向けたトレーニングで更に上げて来た部分です。

初めてビーチテニスの試合を観に来てくれたテニスインストラクターの後輩が

「ナカジマさん、異次元の動きしてました」

と、感想を言ってくれたので

そのような印象を受けるような動きが出来てたかなーと思います。

1539688751267

 

敗戦の振り返り

 

負けた試合は相手の作る作戦や形に上手くハマってしまったというのが見解です。

相手の良い形 VS 自分達の悪い形

という図式で試合が進んでしまいました。

そのような、現在試合の中で起きていること、相手の考えていること、それに対する解決策などは試合中に見出せてはいるのですが

それを実行し、状況を打破するだけの技術、突破力が足りないという状況でした。

てゆーか、

この部分に対してはかなり前から自分達のペアの弱点として話し合い、既に課題として取り組んでいた部分ではあるのですが

未だに解決出来てない部分です。

また、改めてここで浮き彫りになった課題を一つずつクリアにしていく作業を考えていきたいと思います。

その中で、今年と来年はビーチテニスよりもメンタルトレーナーとしての活動や勉強を優先すると決めています。

なので、少ない練習時間でそれらをこなせるように1回1回の練習に明確な取り組みをもって進めていきたいと思います。

 

自分のメンタル

 

やはり、全日本ということで個人的に一回戦、二回戦は緊張から不安が過るなかでプレーしてしまいました。

と言っても、緊張することは当然想定済みなので対策はしてあります。

元々、それを解決するためにメンタルトレーニングに辿り着いたワケですし。

ここについては

もちろん、硬さが出る場面もありましたが、全体的には緊張をパフォーマンスアップに変換してプレー出来たと思います。

 

・準備不足

今回の全日本で一番の失敗は『ボール』でした。

テニスやビーチテニスって毎回試合で使用するボールが違うんです。

ボールの規格は世界基準で決まってるのでそんなに大差ないのですが

やはり、硬い・柔らかい、重い・軽い、大きい・小さいなどのちょっとした違いは出てきます。

この小さな違いがプレーヤーにとっては大きな違いにもなり得るんですね。

そのボールを事前に把握して対策しておくというのは試合前の準備の1つです。

全日本選手権では毎年スリクソンのボールを使っているので、今年もスリクソンだろうと思い込んでしまっていました。

しかし、当日になってみたらボールはダンロップ。

cat-2762156_640

にゃぬっ??!

 

このボールは少し重いので個人的にはサーブが飛ばず、今までの感覚で打つとネットしてしまう状態でした。

なので、いつもと違うスイングイメージに調整が必要で、意識的に当て方を調節してスイングしなければいけない分、終始サーブに不安が残ってしまいました。

ここが、今回一番メンタルがブレたと感じる部分でしたね。

 

なので、ベストは事前にファクトシート(大会要項)を見てボールを確認した上で調整し、万全な状態で試合に臨むことが必要でした。

しかし、今回はそこを怠ってしまったというところです。

 

 

って言う失敗談を書いてたのですが

改めて今年のファクトシート(大会要項)を確認してみたら

・使用球 SRIXON(スリクソン)

と明記されてました。

、、あれれ?汗

 

えっと、、

まっ、とりあえず終わったことは置いておいて。

 

ここで言いたいのは準備が大事ってことです。

『メンタルは準備が8割』

と言われてます。

試合に対してどんなことが想定されるか?

出てくる不安要素を1つずつクリアして限りなく0にする作業もメンタルトレーニングの一環です。

もちろん、それでも想定外のことは起こるものですが

不安要素がたくさんある状態よりも、なるべく少ない状態の方がそれに対応しやすいですし、試合に集中できます。

また、普段から不安要素に対して解決するクセをつけておけば

その場でも臨機応変に対応する能力も身に付くと思います。

それも選手が試合で勝つ為の大事な能力の1つですし

なんなら、試合(ゲーム)としての楽しむべき要素の1つでもあります。

苦しい場面で如何に挽回するか

上手くいかない時に如何に勝ちに繋げるか

そのような状況こそ、自分の成長の絶好のチャンスだと思ってプレーすることの重要さを改めて感じた試合でした!

 

メンタルマン

 

ちなみに、ビーチテニスの中では私がメンタルトレーナーを始めたことを大分認知していただいてるようで

「メンタル先生」

「メンタリストナカジ」

「メンタルマン」

色んな風に呼んでくれて嬉しいかぎりです。

↑てか、メンタルマンって何だよ。笑

また、色々質問してくださって、それに答えるのも楽しいですし

みなさんがどんなことを疑問に思ってるのかとか、どれだけメンタルの認識があるのか等を知れるので

こちらも勉強させてもらってます。

よく『苦労は買ってでもしろ』と言いますが

今はたくさんの事例を知りたい解決したい段階なので

こちらがお金を払ってでも事例をたくさん知りたいし、解決したいんです。

bank-note-209104_640

↑ウソです、お金は払いません。笑

 

みなさんのちょっとしたメンタルの疑問が私の力になるんですね。

なので、お会いした時でも、電話でも、メールでも、構わないですし

その為に無料相談というものも設置してます。

どんどんみなさんの質問お待ちしてます!!

みんな!!

オラに質問を!!!笑

ask-2341784_640

Ask me!!!

※無料体験セッションはコチラ↓

料金・予約