日本代表🎌アスリート兼スポーツメンタルトレーナーの中嶋です!

現在、子供向けのメンタル教室を開講するにあたって色々考え中です!

1つ思ったのは、いくら子供が変わっても親御さんが変わらないと意味がないということですね。

 

father-and-son-2258681_640

 

やはり、お子さんの一番身近な人は親御さんなワケで。

その親御さんのお子さんに対する声かけの仕方でお子さんの考え方、行動は良くも悪くも変わります。

 

声かけの仕方で行動は変わる

 

私のテニスインストラクターの例で挙げると

球だし練習が終わってボールを集めボールの入ったカゴをカートに乗せるのですが、基本、すべて子供たちにやってもらってます。

けど、なかなかカゴをカートに載せるまでやってくれないことも多々あります。

そこで

中嶋「早くボールカゴをカートに載せなさい!」

と命令してやらせることもできますが、子供的には自主的ではなく、命令されてやらされてしまうんですね。

これって子供は気分良いですか?

嫌々とか、仕方なくって感情ですよね。

じゃ、ここで

中嶋「はい!力持ちの人ー!ボールカゴをカートに載せるの手伝ってくださーい!」

って言ったらどうでしょう?

子供的には「力持ち」であることのアピールをしたがったり、「必要とされてる」という気持ちで我先にとカゴをカートに持ち上げてくれます。

場合によってはボールカゴの取り合いになるレベルです。

 

kids-56952_640

どけ!!オレが力持ちだ!!

 

それだけ、ちょっとした声かけ1つ工夫するだけでも相手の行動は変わりますよね。

 

人は扱われた通りの人になる

 

声かけの仕方で行動が変わるといえば、お子さんを『子供扱い』しすぎてしまう親御さんが非常に多いということ。

お子さんが何かをしようとした時に、「この子にはまだ無理だから」とか「手伝ってあげなきゃできない」って気持ちが強すぎると、お子さんが自主的に取り組むことの邪魔をしてしまう可能性があります。

要は、『この子は私がいないと何も出来ない子』というような扱い方をしてしまう。

そのように何でもかんでも過保護にやってあげてしまうと、その扱い方がその子にも伝わるんですね。

すると、『私はお母さん(もしくはお父さん)がいないと何も出来ない。』もしくは『やらなきゃいけないことは誰かがやってくれる』という感覚になりそうですよね。

そんな自己イメージを持ってしまった子はどうやって自立するのでしょうか?

 

0I9A350615032140wakaranai_TP_V4

 

人って

『扱われた通りの人になる』

んです。

出来ない人扱いすれば、出来なくなる。

出来る人として扱えば、出来る人になる。

あなたはお子さんとどっちの扱い方をして関わっていますか?

 

 

michelangelo-71282_640

 

またまた私のテニスインストラクターの例であげさせてもらうと

子供が整列するべき時に整列しない場合。

中嶋「なんでちゃんと整列できないんだ!」

と叱ることもできますが、これでは出来ない人として扱ってます。

出来る人として扱う例としては

中嶋「○○選手、どうかしました?」

と笑顔で言ったりします。

すると

生徒「選手ってなんだよ!」

とか照れて言いながらちゃんと並んでくれます。

要は、

『ちゃんと整列できないダメな生徒』

ではなく

『本当はちゃんと整列出来る立派なテニス選手』

 

roger-federer-519742_640

 

として扱っているんです。

ダメな生徒として扱うのは簡単ですが、根本的に治らないか、怒って恐怖で押さえつけるしかなくなります。

けど、それではテニスレッスン自体が楽しくなくなってしまうのでテニスに対するモチベーションも下がります。

何より、自主性が失われます。

なので

『立派なテニス選手』

として扱う。

そのように扱われると、子供も自然とそのような態度を取るようになります。

これは自主的ですよね。

結果的にこちらの言うことをお互いにストレスなく聞き入れてくれたり、レッスンを楽しんでくれるようになります。

レッスンを楽しむことが出来れば上達だって速いですよね!

もちろん今回はあくまで一例ですし、一筋縄ではいかない部分も多々ありますが。

このようなことを少し意識して接するだけでも、プラスの変化は起こせるのではないでしょうか?

 

『人は扱われた通りの人になる』

出来ない人扱いすれば、出来なくなる。

出来る人として扱えば、出来る人になる。

あなたはお子さんとどっちの扱い方をして関わっていきたいですか?

 

baby-983990_640

え、、どっち、すか?

 

※メンタルトレーニングの無料体験セッション(一時間)受け付けてます!

無料体験セッションはコチラ↓

無料体験メンタルトレーニングはコチラ

もしくはフェイスブック、LINE、インスタ、ツイッターのメッセージから!